大豆 - 製品の有益と有害な特性

大豆 - 製品の有益と有害な特性

大豆   さらに最近では、すべてのテレビ放送大豆に万能薬の種類のランクに上げたが、今はゆっくりと自分の位置を取るようになりました。しかし、なぜですか?彼女はまた、マメ科植物品種の植物であると考えられています。彼女はまた、タンパク質が豊富で、炭水化物量が少ないです。それはまた、免疫系を増大させることが可能な全てのトコフェロールは、老化を遅らせ、男性で効力を回復するのに重要な役割を果たしているが含まれています。それまで私たちの関係はどうなりましたの?この質問に対する正確な答えは非常に困難ですが。科学者たちは、大豆を研究し、徐々に彼女を信用し続けています。それは大豆の制御不能な使用は1985年に癌につながることが証明されました。1986年には、物理​​的、心理的虐待につながる、そのダイエット大豆によって支配されている子どもたちは、以前の性的な面で成熟することを証明しました。1994年に、科学者たちは、大豆に含まれる植物性エストロゲンは、否定的な方法で女性に影響を与えることを発表しました。1997年に彼は甲状腺に生じた損害を証明しました。そして、結論は唯一の大豆の危険性について描画することができます。しかし、欠点があります。しかし、大豆よりも便利?大豆 - マメ科の罰金製品。人々は太古の昔から食べ物のためにそれを使用します。これは最古の栽培植物の一つです。アジアを中心と東アジアの国々で豆穀物で配布。大豆全世界の大量消費の始まりは、前世紀の初めと見なすことができます。これは、大豆ヨーロッパの準備の原理は、それが中国や日本で製造されている方法とは全く異なるという事実を指定する必要があります。しかし、一般的に、大豆は、微量元素やビタミンが非常に豊富です。そのようなリン、カリウム、マグネシウム、カルシウム等macroelementsを含み、それはマグネシウム及びヨウ素が豊富です。したがって、それは非常に自然な質問、大豆や大豆よりも有害含むその製品に関するどうしてそんなに負の話ですか?私たちは、安全に使用すると、ほとんどすべての賛成で、作用の法則を遵守している場合と言うことができます。しかし...残念ながら、対策はすべてを知りません。そして、私たちはキャンディー、ハンバーガー、ソーセージなどに、カップ大豆ヨーグルト、アイスクリーム、マヨネーズと銀行に遭遇して驚きました。それは我々が望む以上に私たちの生活の中でその大豆が判明します。そして、その上、それは研究者が自然に食糧生産にGMO大豆を主導し、遺伝子工学の彼らの実験を、実施大豆にありました。しかし、これは深刻な電荷です。しかし、上記のすべてを合計し、私は、不純物の遺伝子組み換え作物、彼女は確かに私たちのテーブルの上にそれほど頻繁にゲストなるとはならないだけであること、その大豆は何も悪いことではありません言いたいんでしょう。

続きを読む:  減量のためにジンジャーティー

言語を選択してください

ウクライナ英語 ドイツ語 スペイン語 フランス語 イタリア語 ポルトガル語 トルコ語 アラビア語 スウェーデン語 ハンガリー ブルガリア エストニア 中国語(簡体字) ベトナム語 ルーマニア語 タイ スロベニア スロバキア セルビア マレー語 ノルウェーの ラトビア リトアニア 韓国語 日本の インドネシア ヒンディー語 ヘブライ語 フィンランド ギリシャ語 オランダ語 チェコ デンマーク クロアチア (繁体字)中国語 フィリピン ウルドゥー語 Azeybardzhansky アルメニア ベラルーシ ベンガル語 グルジア カザフ カタロニア語 Mongolski Tadzhitsky Tamil'skij テルグ Uzbetsky


コメントを追加します

あなたのメールは公開されません。付いている欄は必須項目です*